ランディングページ制作

Pocket

成果の出せるランディングページとは

一般的なWebマーケティングにおいて、「コンバージョン(CV)をさせるために制作された1枚で完結するWebページ」をランディングページと呼びます。

ネット広告を用いて集客を行う際「ランディングページ」は必須といえます。

optline

ランディングページの目的とメリット

ランディングページの目的はたった一つしかありません。資料請求、お問い合わせ、注文などのコンバージョン(CV)をユーザーから得ることです。

ランディングページ一例

ランディングページは主にネット広告の着地先となり、ユーザーの興味、嗜好、属性などセグメント分けをされて配信されています。ランディングページに訪れるユーザーはある程度、その製品・サービスに興味がある「優秀な見込み客」に分類されます。まったく興味のないユーザーに対してコンバージョン(CV)を求めるよりも「見込み客」にアクションさせることが容易であるといえます。

広告効果を最大限に生かす、それこそがランディングページを制作するメリットと言えるでしょう。

より大きな成果を得るために、ユーザーのニーズを満たすランディングページを制作する必要があります。

優秀な見込み客=明確層

optline

ランディングページは媒体によってマッチさせることが重要

ランディングページなんてどこの会社で制作しても同じ」「どこに差があるのか?」

一度でもランディングページの制作を試みたことのある担当者の方は、このように考えたことがあるかもしれません。結論から申し上げると「ランディングページに着地させるまでの流れを、どこまで戦略的に分析できるか」に尽きます。

ランディングページを制作するにあたって作業工程は大きく3つに分けられます。

  • 企画構成(ワイヤーフレーム作成)
  • デザイン
  • コーディング

制作の流れ

ここで重要視するのは企画構成です。webマーケティングが多様化しているこの時代、デザインももちろん重要ですが「出稿媒体によりマッチさせる」

ランディングページの作り方が最重要項目と断言できます。代表的な広告手法として以下のようなものが挙げられ、それぞれでランディングページの作り方が大きく異なります。

  • 検索連動型広告(BIGキーワード、テールキーワード)
  • ディスプレイ広告
  • Facebook広告
  • Twitter広告
  • instagram広告

lp_5

optline

ユーザーの購買モチベーション

広告によってランディングページの作り方が違う、と述べましたが、その理由としてユーザーのアクション(購入、申し込み、資料請求など)モチベーションが違う、ということが挙げられます。ここでは検索連動型広告(BIGキーワード)と・Facebook広告で比較をしていきます。

  • 検索連動型広告(BIGキーワード):モチベーション 潜在層から顕在層へ
    自発的、ある程度興味をもって広告をクリックをする=潜在層ではあるが、元々興味関心が強いので顕在層にいつでも属性が変わる可能性がある
  • Facebook広告:モチベーション 情報収集の意識が高い 情報に対する感度が高い
    受動的に広告が配信されるため、広告色が強いクリエイティブ、情報の出し方を嫌う傾向がある。しかしお役立ち情報、業界最新情報、フィードに自然になじむ情報などには興味を示す傾向がある

※商材 ランディングページ制作

 

検索連動型広告

もう、CVしないLPはいらない!弊社におまかせください!

Facebook広告

webマーケティングを加速させる最新資料を無料配布

Facebook広告…webマーケティングを加速させる最新資料を無料配布

仮に同じ商材・サービスであってもユーザーのモチベーションが大きく変わるのであれば着地先であるランディングページも当然変えていかなければなりません。

ランディングページは広告とセットで運用するのが基本となりますので「キレイで格好いいデザイン」「とりあえず情報を詰め込んだ」だけのランディングページの効果は最大限発揮できないと言えます。制作をする会社の担当者によって何を重要視するかは違いますが、ランディングページで成果を上げるポイントとして「戦略」「企画構成」が8割を占めていると弊社では断言します。

オプティマイザーはアカウントプランナー、広告運用チーム、クリエイティブチームが同オフィスに存在し、一気通貫で戦略からクリエイティブ制作まで行います。

オプティマイザーのクリエイティブ制作 「キレイなデザイン、格好いいデザイン」といったカテゴリーではなく「成果を得るために最適なデザイン」という位置付けでとらえております。

optline

ランディングページは作って終わりではない

「オプティマイザーで制作したランディングページの効果はいかほどのものか?」という問いに対して「99%結果を出せます」という回答になります。

99%と言い切った理由としては、オプティマイザーでは成果を出すまでPDCAをまわす、といった事を行っているからです。※100%でない理由は外敵要因などイレギュラーな要因を想定しているため

戦略、企画立案をする上で想定しているポイントが、必ずしも正解かどうかは運用してみないとわからないといった場合も多々あります。オプティマイザーには社内に運用チームと制作チームがおりますので、運用の面からの見直しとクリエイティブの面からの見直しを同時に行うことができます。(弊社で広告運用を委託されていると想定)一方通行ではない多角的かつ、より精度の高い改善を行うことでより高い効果を生み出すことが可能です。

弊社によるLPOイメージ※弊社によるLPOイメージ

商品やサービスの特徴・目的に合わせて作成することで、その効果は飛躍的に向上しますので、ランディングページの作成や改善をご検討の際にはお気軽にご相談ください。

ランディングページ制作についての
ご相談・ご質問などのお問い合わせを希望の方はこちら


Pocket